病弱だった女性医師がやっと巡り合えた健康法・美容法

病弱だった女性医師がやっと巡り合えた健康法・美容法

オーソモレキュラーって何?


私が健康を取り戻したのは、オーソモレキュラー医学との出会いでした。

オーソモレキュラー医学とは、orthomelecularmedicine、

日本語では、分子整合医学あるいは、分子整合栄養医学と訳されています。

初めてオーソモレキュラー医学を提唱したのは、

ノーベル賞を2回も受賞している化学者ライナス・ポーリング博士です。

ライナスポーリング

 

 

 

オーソモレキュラー医学とは「身体に備わっている分子(栄養素)を、最適濃度に保つことにより病状を改善する医学」。

1968年にアメリカの科学雑誌サイエンスに発表された論文のタイトル

「Orthomolecular Psychiatry」が示す通り、精神科医のホッファー先生と共に精神疾患の治療から、それは始まりました。

アブラムホッファー

 

 

 

オーソモレキュラー医学では、血液検査により潜在的栄養欠損を解析し、

将来なりそうな病気を未病のうちに治療する予防医学です。未来の医学といえます。

オーソモレキュラー医学は、生体構成分子(栄養素)を本来あるべき正常な状態に整える、

不足している栄養素を至適量補給すること(栄養セラピー)により、自らの自然治癒力を高め、

病気の進行を防ぎ、症状の改善さらに病気の予防を目的としています。

 

『未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気本来の原因を探し、予防するという人間の基本を大切にして治療するであろう。』

トーマスエジソンこれは、トーマス・エジソンの言葉です。

コメントを残す

管理人: akemi koide

akemi koide

福島県生まれ。 こいで耳鼻咽喉科・美容皮膚科の開業医。(愛知県尾張旭市) 3歳、鼻の付け根を箪笥の角で強打、 皮膚がパックリ割れて無麻酔で5針縫う人生初の手術。 幼稚園である事件に巻き込まれる。→あとでブログに書きます。 小学校では、名字をからかわれ(かなり変わった姓だった) ショートカットの髪型で男の子と間違われ続ける。 小学2年で虫垂炎の手術。 中学時ピアニストを目指していたが、「朝起きられない病」で中2から不登校に。 高校では高2から腎臓病で入院生活。 2年間ほとんど勉強せず。 人生3度目の手術:扁桃摘出術。 入院中、医師の仕事に憧れ 二浪して秋田大学医学部に入学。 医院開業してからも入院手術2回、1回の骨折(右足首)。結局今まで5回の手術。 「わたしの人生、手術と病気が多すぎるのはなぜ?」と 予防医学を勉強するうち、オーソモレキュラー医学と出会い栄養の重要性を思い知らされる。 オーソモレキュラー医学こそが健康でいられる秘訣との確信に至り、 この健康・美容・アンチエイジングブログでその素晴らしさを発信していきます。

  • google akemi koide
  • アメブロ akemi koide

人気記事一覧