病弱だった女性医師がやっと巡り合えた健康法・美容法

病弱だった女性医師がやっと巡り合えた健康法・美容法

  • Wine at sunset

    アルコール好きには耳の痛い話

    昔から酒好きの人は「酒は百薬の長」だからという理由をつけて飲みたがりますが、ある意味正解です。 欧米を中心とする疫学研究によると、 少量の飲酒者は、虚血性心疾患による死亡率が、もっとも低いとする、「Jカーブ効果」があると報告されました。 この報告で「Jカーブ効果」が得られるのは健常者で飲酒量エタノール換算で20g/日(缶ビール1本はエタノール18g)までの少量飲酒者のみとされます。   多量飲酒者では明らかに死亡率は、急激に悪化します。   これらの報告はいずれも欧米人が対象 …

    続きを読む
  • #赤ちゃん #睡眠 #鼻呼吸 #口呼吸 #IQ  

    怪談より怖い話

    [怪談より怖い話] 今スギ花粉が猛威を奮っていますが、 最近、乳幼児でも花粉症にかかる方が珍しくありません。   大人と全く同じ症状、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみです。   大人と違い怖いのは、生下時から5歳までに脳が発達、ほぼ完成するという事実です。   この大切な時期に、鼻詰まりで口呼吸になってしまうと、眠っているようで深い眠りになっていないため、   十分にホルモンが分泌されず、脳の発達が抑制されてしまうのです。   統計上でも、口 …

    続きを読む
  • #PC #ブルーライト #時計遺伝子

    睡眠と太陽

    【睡眠と太陽】 快眠に影響する要因として、大切なものは、太陽の光です。 体内には、時計遺伝子があって、太陽の光によって体内時計をコントロールしています。   脳にある中枢の時計遺伝子は、朝日を浴びることでリセットされ、 セロトニンの分泌スイッチをオンにするのも、メラトニンの分泌スイッチをオフにするのも太陽の光です。   睡眠ホルモン・メラトニンは太陽の光を浴びて、12時間くらい経つと増えていくホルモンです。   メラトニンは、夕方、暗くなった頃から、分泌量が増えてき …

    続きを読む
  • #サフラン #めしべ #漢方#花

    睡眠とカフェイン

    【睡眠とカフェイン】 「眠れない、眠れない」という人ほど日常的にコーヒーや緑茶を飲んでいたりします。 睡眠は健康に最も大事なことの一つですから、不眠症の人は、きっぱり、カフェインを含む飲み物を避けましょう。 コーヒー、緑茶だけでなく、紅茶、ウーロン茶、番茶、コーラにもカフェインは含まれていますから飲まないことです。 栄養ドリンクにもカフェインが含まれています。 飲んでいい液体は、水、白湯、麦茶、豆乳くらいです。 コーヒーには、抗酸化作用のあるクロロゲン酸といういい成分があるので、カフェインレスコ …

    続きを読む
  • # 猫 # 睡眠 #眠り猫

    良い睡眠と体温の関係

      【良い睡眠と体温の関係】 1日の中で一番体温が高いのは夕方です。 朝起床時の体温が35.9°C位、夜就寝時の体温が36.4°C位です。 朝と夜の体温差が大きい程快眠できます。 夜寝る前と朝起きた直後の体温差が0.5°C以上が理想なので、 良い眠りのためには、夕方に運動して寝る前の体温を上げることが重要です。 毎日同じ時間に運動するのがお勧め。 私は夕方6時頃に筋トレ10分位してから入浴、その後夕食を摂って、眠くなったらすぐ寝るのを習慣にしています。 ぐっすり眠れます。

    続きを読む
  • #モルジブ #水上ヴィラ #海 #旅行 #休日 #ダイビング

    睡眠とアンチエイジング2

    [睡眠とアンチエイジング2] 前回睡眠がアンチエイジングに重要とお話しましたが、 良い睡眠のためには、眠りのホルモン・メラトニンの分泌が必要です。   メラトニンを作るトリプトファンは動物性たんぱく質に多く含まれているので、 日頃から動物性たんぱく質すなわち肉・魚・卵を意識して摂るようにすべきです。   メラトニンはビタミン他の働きでトリプトファンから合成されるので、 寝る前にトリプトファンが多いホット豆乳とビタミンB群のサプリメントを摂ることで 良質な深い睡眠が得られます。 …

    続きを読む
  • 眠るパグ

    睡眠とアンチエイジング

    睡眠とアンチエイジング 2016.4.6 テーマ:睡眠   [睡眠とアンチエイジング] 深い眠りはアンチエイジングの基本。 ゴールデンタイムといわれる午後10時から午前2時が重要とされていたのは 修復ホルモンの成長ホルモンが睡眠中この時間帯に多く放出されると考えられていたから。 忙しい現代人、なかなか10時に就寝できないのが実情ではないでしょうか? でも大丈夫。最近の報告では、寝てから3時間が成長ホルモン分泌のピークと訂正されました。   良い睡眠のために、規則正しいリズムで …

    続きを読む

管理人: akemi koide

akemi koide

福島県生まれ。 こいで耳鼻咽喉科・美容皮膚科の開業医。(愛知県尾張旭市) 3歳、鼻の付け根を箪笥の角で強打、 皮膚がパックリ割れて無麻酔で5針縫う人生初の手術。 幼稚園である事件に巻き込まれる。→あとでブログに書きます。 小学校では、名字をからかわれ(かなり変わった姓だった) ショートカットの髪型で男の子と間違われ続ける。 小学2年で虫垂炎の手術。 中学時ピアニストを目指していたが、「朝起きられない病」で中2から不登校に。 高校では高2から腎臓病で入院生活。 2年間ほとんど勉強せず。 人生3度目の手術:扁桃摘出術。 入院中、医師の仕事に憧れ 二浪して秋田大学医学部に入学。 医院開業してからも入院手術2回、1回の骨折(右足首)。結局今まで5回の手術。 「わたしの人生、手術と病気が多すぎるのはなぜ?」と 予防医学を勉強するうち、オーソモレキュラー医学と出会い栄養の重要性を思い知らされる。 オーソモレキュラー医学こそが健康でいられる秘訣との確信に至り、 この健康・美容・アンチエイジングブログでその素晴らしさを発信していきます。

  • google akemi koide
  • アメブロ akemi koide

人気記事一覧